トップ > 日本食生活協会について: 事業紹介

事業紹介

おやこの食育教室よい食生活をすすめるためのグループ講習会(雪印メグミルク(株)協賛事業)TUNAGU(繋ぐ)パートナーシップ事業男性のための料理教室高齢者のための低栄養予防講座食育推進事業ひとりでも!クッキング事業体重1kg・減塩1g 声かけ国民運動

おやこの食育教室

イメージ

朝食欠食を中心に子どもの食に関する問題が増加しているなか、学童期以前から食育の理念を広め、しつけや食育の「五つの力」を身につけることを目的に実施しています。

  • 「下準備OK、炒めようね」
  • 「よーく洗おうね」
  • 担当大臣も塩味テスト

▲ページの先頭へ

生涯骨太クッキング(雪印メグミルク(株)協賛事業)

イメージ

牛乳・乳製品はカルシウムの摂取量を高め、健康寿命の延伸と生活習慣病予防、ならびに国民一人ひとりのQOL(生活の質)の向上に大切な役割を果たしているとされています。家庭で牛乳・乳製品を効果的に利用し、カルシウム摂取量を高めることを目的に普及講習会を実施しています。

  • 乳製品を使ってカルシウムアップ
  • 指定メニュー「洋風おから」づくり
  • イメージ

▲ページの先頭へ

TUNAGU(繋ぐ)パートナーシップ事業

「健康日本21(第2次)」ではソーシャルキャピタルの重要性が示され、地域のつながり、人と人とのつながりが大切であることが謳われています。すでにお隣さんお向かいさん活動をする食生活改善推進員はソーシャルキャピタルの目的そのものですが、今年度はこの地域とのつながりを生かし「減塩」と「野菜あと一皿(70g)」をテーマにTUNAGUパートナーシップ事業を行いました。平成24年には、長野県の長寿日本一の成果は、地域の食生活改善推進員の家庭訪問による減塩活動に大きく寄与し、併せて高齢者や単身者の住民とのつながり等が生きる力の活力になった事が報告されました。この長野県食生活改善推進協議会のノウハウを取り入れ組織力と行動力を全国に拡大し、会員が家庭訪問やイベントにおいて「減塩くん」を使い、みそ汁の塩分チェックと野菜ワンプレートの必要性を伝えました。

  • 生活習慣病について説明
  • 運動プログラム

▲ページの先頭へ

男性のための料理教室

イメージ

料理を経験したことのない団塊の世代、高齢者の男性が単身生活者になった際、あわてることがないように、また、高齢者の低栄養が問題になっている昨今、「生きていくための20品目」をテーマに実施しています。

  • 「さて、腹囲は何cm ?」
  • こぼれないように
  • 楽しく餃子づくり

▲ページの先頭へ

高齢者のための低栄養予防講座

イメージ

団塊世代と高齢者を対象に「低栄養予防講座」を実施しました。自宅でできる正しい健康生活をすすめ、実際に「高齢期の食生活」のテキストを使い調理体験を通して、高齢者の自立支援を行っています。

  • 盛りつけも大事ですよ
  • よく見ていてくださいね
  • 野菜の下ごしらえ

▲ページの先頭へ

食育推進事業

イメージ

全国協議会では「毎月19日は食育の日。家族そろって食事を楽しみましょう」をテーマに、全国一斉に「毎月19日は食育の日」のチラシをポケットティッシュの中に入れ、道の駅や大型スーパーなどで活動しています。

  • スーパーでPR活動
  • 覚えよう「毎月19日は食育の日」
  • 幼稚園で呼びかけ活動

▲ページの先頭へ

ひとりでも!クッキング事業

イメージ

高校卒業生を対象に実施しました。高校卒業後は親元を離れ一人暮らしを始める人も多いため、一人暮らしをしても偏った食生活を続けないように食に関する正しい知識を身につけ、みずから料理する習慣をつけることにより、自立した食生活を送れるように支援するために「ひとりでも! クッキング」のレシピ集を贈呈しています。

  • 被災地の卒業生に贈呈
  • 「頑張ります!」
  • 「つくってみてくださいね」

▲ページの先頭へ

体重1kg・減塩1g 声かけ国民運動

イメージ

家庭を訪問し、みそ汁塩分チェックの体験を交えながらリーフレットと減塩テープを全国20万世帯に配布しました。達成の難しい減量目標や極端な味つけで食生活の改善を図ることは長続きしないものです。まずは、1か月に体重を1kg減らす、1日の塩分1g減らすことを目標に、声かけ運動を展開し、一次予防の大切さを伝えました。

  • 家庭を訪問してリーフレット配付
  • 家庭のみそ汁の塩分チェックを体験

ページの先頭に戻る